コンテンツです

「試験サービス」の開始について

2017年03月29日
 内閣府 宇宙開発戦略推進事務局

準天頂衛星初号機は、2017年2月28日に宇宙航空研究開発機構(JAXA)から内閣府に移管されました。

移管後、地上システムとの適合性や性能を確認するための作業を実施してまいりましたが、作業を完了したため、2017年3月28日より、下記のサービスについて「試験サービス」を開始いたしました。

  • 衛星測位サービス
  • サブメータ級測位補強サービス
  • センチメータ級測位補強サービス(*)

試験サービスでは、2018年度から始まる実用運用と同性能のサービス(*)を提供します。詳細は、本Webサイトに掲載している「ユーザインタフェース仕様書」に示しております。

(*)センチメータ級測位補強サービスについては、準天頂衛星のカバレッジ全域で利用可能な補強情報を実証実験ユーザ向けに配信します。迅速にセンチメータ級の精度を得るための国内電子基準点網との連携機能については、引き続き調整を行っているところであり、調整が終わり次第、補強情報を追加配信する予定です。開始時期等につきましては、本Webサイトで順次お知らせいたします。

サービス提供情報の提供について

サービス提供情報は、本Webサイト内の「運用状況/NAQU情報」のページで確認できます。
また、NAQU情報の配信は、Twitterを使用して行われます。配信を希望される場合は、アカウント名:“@QZSS_Status”のTwitterをフォローいただくようお願いいたします。(Twitterユーザのトップページ:https://twitter.com/QZSS_Status)

なお、今回開始するセンチメータ級測位補強サービスについては、実証実験ユーザ向けとして、アラートフラグを付与した状態で配信されます。そのため、NAQU情報としては、当該サービスの情報は含まれませんのでご留意ください。

トップメニュー(運用情報/アーカイブデータ → 運用状況/NAQU情報)

利用実証用受信機の貸出について

試験サービス提供中のサービスについて、準天頂衛星を使った利用実証を希望される方は、いつでも自由に実施出来る様になりました。無償で利用実証用受信機の貸出しを行っておりますので、貸出しを希望される方は本 Webサイト内の利用実証のページのご案内をお読みいただき、お申し込みください。

 
関連情報

 以上