コンテンツです

「みちびき2号機」の打ち上げについて【内閣府特命担当大臣(宇宙政策)談話】

2017年06月01日

 我が国のH-IIAロケット34号機による内閣府所管の人工衛星「みちびき2号機」の打ち上げが成功したことに対し、関係者のこれまでの御努力に心より感謝申し上げます。

 「みちびき2号機」の打ち上げ成功により、準天頂衛星システムの4機体制確立に向けた確実な一歩を踏み出すことができました。

 引き続き、「みちびき2号機」を所定の軌道に投入の上、軌道上での試験等を着実に実施し、万全な体制で運用を進めたいと考えております。

 2018年度からの正式サービス開始に向けて、「みちびき3号機」及び「みちびき4号機」を今年度中に着実に打ち上げると共に、準天頂衛星システムによる各種測位サービスを多くの方が円滑に利用できるよう、引き続き関係者と連携してまいる所存です。

 さらに、宇宙政策全体を担当する立場から、準天頂衛星システムを含む宇宙開発利用の拡大に向けて、引き続き努めてまいります。

2017年(平成29年)6月1日
内閣府特命担当大臣(宇宙政策)鶴保 庸介