コンテンツです

SBAS配信サービス

みちびきの静止軌道衛星を用い、航空機などに対して測位衛星の誤差補正情報や不具合情報を提供するSBAS(衛星航法補強システム)信号を配信するサービスで、SBAS(L1Sb)信号に対応した受信機で利用することができます。

SBAS信号は日本以外にも北米、欧州等で配信されており、航空機向けのシステムとしてそれぞれの国の航空安全当局から認証され運用されています。SBASを利用することにより、航空機の位置が正確に求められるため、安全で効率的な飛行経路の設定が可能となっています。

航空安全当局が認証していることから高い信頼性が担保されており、かつ国際規格が定められていることから、船舶、自動車などの航空以外での利用も進んでおり、たとえばカーナビでは、多くの機種が「SBAS対応」として販売されています。

日本においては、現在、SBAS信号を国土交通省の運輸多目的衛星(MTSAT)から配信していますが、2020年頃よりみちびきのSBAS配信サービスを利用して国土交通省が作成したSBAS信号をみちびきの静止軌道衛星から配信する予定です。