コンテンツです

災害・危機管理通報サービス「災危通報」

防災・危機管理の政府機関から、地震、津波などの災害情報、テロなどの危機管理情報、避難勧告などの発令状況について、準天頂衛星から送信するサービスです。

このサービスは、利用者に災害情報などのメッセージを届けるサービスで、L1S信号を受信することができる端末で利用することができます。L1S信号は、衛星測位で一般的に利用しているGPSや準天頂衛星のL1C/A信号と同じ周波数で同じ波形のため、受信機の価格を安く抑えることができます。

災危通報は、最短4秒間隔で送信することを予定しており、バッテリーの心配があるモバイル機器の場合には、4秒間隔で測位受信機を作動させることにより、受信することができます。当面の間は、SNSでの情報提供を行うなど、地上通信回線でも同様の情報を入手できる環境とする予定のため、モバイル機器においては、SNSをフォローすることでも災危通報と同等のサービスが受けられます。

屋外においては、電源と接続している街灯、信号機、自動販売機などへの準天頂衛星受信機の設置を働きかけ、災害時等には屋外に設置されたスピーカーから避難状況をアナウンスすることもできます。これにより、海水浴やマラソンなどの手ぶらで移動している人だけでなく、携帯電話を所持していない又は災害時で不通となっている人に対しても情報を迅速に伝えることができるようになります。

また、学校、病院、図書館など、携帯電話を切ることが求められる環境においては、衛星が見える窓際やバルコニーに準天頂衛星受信機の設置を働きかけ、これにより災害情報などを迅速に知らせることができるようになります。

災危通報は東南アジアやオセアニア地域でも受信することができます。現在は、気象庁が発表している遠地地震、北西太平洋津波情報、海上警報の送信を予定しています。これに加え、海外では日本語の現地情報が得にくいこともあるため、大規模事故、テロ・暴動情報などについて、日本で収集した情報の配信を検討しています。

災害・危険管理通報サービス「災危通報」の利用イメージ図

災害・危険管理通報サービス「災危通報」のイメージ画像