コンテンツです

準天頂衛星システムとは

準天頂衛星システムとは、準天頂軌道の衛星が主体となって構成されている日本の衛星測位システムのことで、英語ではQZSS(Quasi-Zenith Satellite System)と表記します。ただし、「準天頂衛星」という場合には、準天頂軌道の衛星と静止軌道の衛星の両方を合わせて呼ぶため、準天頂軌道の衛星を区別する必要がある場合は、「準天頂軌道衛星」といいます。

衛星測位システムとは、衛星からの電波によって位置情報を計算するシステムのことで、米国のGPSがよく知られており、準天頂衛星システムを日本版GPSと呼ぶこともあります。

準天頂衛星システム及び準天頂衛星には、「みちびき」という愛称をつけています。現在は初号機だけしか運用されていませんが、2号機以降の衛星も号機番号を付けずに「みちびき」といいます。

GPSを補い、より高精度で安定した衛星測位サービスを実現

GPSと互換性

4機以上の衛星で衛星測位は可能ですが、安定した位置情報を得るためには、8機以上の衛星が見えることが必要とされています。しかし、GPS衛星は地球全体に配置しているため、地球の裏側で見えない衛星があり、どの地点でも概ね6機程度しか見ることができませんでした。

2018年、準天頂衛星「みちびき」が4機体制になると、このうち3機はアジア・オセアニア地域の各地点では常時見ることができます。準天頂衛星システムはGPSと一体で利用でき、GPS衛星6機と準天頂衛星3機を合わせて8機以上となるため、安定した高精度測位を行うことが可能になります。GPS互換である準天頂衛星は安価に受信機を調達することができるため、地理空間情報を高度に活用した位置情報ビジネスの発展が期待できます。

なお、準天頂衛星4機体制時においても、ビルや山の陰で見える衛星数が減ることから、都市部や山間部では測位が安定しないことがあります。このため、2023年度をめどとして7機体制とし、都市部や山間部を含めて正確な位置情報が得られることを目指していきます。

2010年度に初号機が打ち上げられ、次いで2016~17年度に2・3・4号機が打ち上げられ4機体制になります

整備スケジュール