みちびき(準天頂衛星システム:QZSS)高精度な位置情報を提供する日本独自の衛星測位システム

内閣府宇宙開発戦略推進事務局
内閣府 宇宙開発戦略推進事務局

みちびき(準天頂衛星システム:QZSS)高精度な位置情報を提供する日本独自の衛星測位システム

みちびきを利用した実証事業 事例
みちびきを利用した実証事業

みちびき(準天頂衛星システム:QZSS)ホーム > みちびきを利用した実証事業

みちびき(準天頂衛星システム:QZSS)ホーム > みちびきを利用した実証事業

[対象]日本国内の企業 研究機関 高専 大学 等
[2022年度募集期間]2022年4月1日(金)~5月20日(金)17時00分
みちびきを利用した実証事業

みちびきを利用した実証事業

準天頂衛星システム「みちびき」の正式サービスが2018年11月1日に開始されて以降、みちびきを活用したビジネスやサービスなどが徐々に始まり、一般の方々でもみちびきが利用できる環境が整い始めています。

より多くの人々にみちびきを利用していただくためには、さらなる市場の拡大や新たな分野での活用が必要となります。内閣府及び準天頂衛星システムサービス株式会社は、みちびきの新たな活用を考えている企業等を後押しするために、みちびきの利用が期待される新たなサービスや技術の実用化に向けた実証事業を実施する企業及び高専・大学等を募集します。皆さまからのたくさんのご応募をお待ちしております。

当ページでは、最新の募集のお知らせや、過去に支援を行った採用事業の詳細をご覧いただけます。

2022年度の募集について

今年度の募集は終了しました

2022年度の募集要項はこちら

[結果]2022年度 採択事業

2022年度のみちびきを利用した実証事業公募に
次の3件が採択されました(採択日:2022/6/21)

  • 1

    【企業枠】広域災害発生時における、みちびきを利用した洋上風力発電所の点検事業

    エアロダインジャパン株式会社

  • 2

    【企業枠】地上デジタル放送波を活用した避難者情報伝達手段の実証実験

    東京メトロポリタンテレビジョン株式会社

  • 3

    【高専・大学枠】みちびきを活用した自律航行船・ドローン間協調制御の物流網への適用

    独立行政法人 国立高等専門学校機構 広島商船高等専門学校

過去の採択事業

過去に採択され実施された実証事業を分野別に
ご紹介します。

【アイコンの説明】

※みちびきの配信サービスについては、こちらでご確認ください。

サービスの概要

[鉄道]

[自動運転]

[流通]

[農業]

[海洋]

[福祉]

[防災・減災]

[LBS(位置情報サービス)]

位置情報サービスとは、位置情報に応じた情報を提供するソフトウェアレベルのサービスのことです。

[測量]

[位置認証]

[時刻同期]

[土木・建設]

[インフラ点検/検査/監視]

[ドローンを利用した実証事業]

※みちびきの配信サービスについては、こちらでご確認ください。

サービスの概要