コンテンツです

衛星安否確認サービス(Q-ANPI)技術情報開示申請のご案内

2017年10月12日

準天頂衛星システム 衛星安否確認サービスに興味を持っていただき、ありがとうございます。
衛星安否確認サービスは、主に災害時において、避難所等からの被災情報を収集し、その情報を災害対策に利用することを主な目的とした、内閣府宇宙開発戦略推進事務局、および準天頂衛星システムサービス株式会社が提供する公共性の高いサービスです。従って、利用、ビジネス化にあたっては、制約があります。

本サービスの制約を十分にご理解いただいた上で、衛星安否確認サービス端末の製作・販売ビジネス、および本サービスを用いたソリューションビジネス等に向けた検討をお願いすると共に、本サービスを利用したビジネスに関する制約、およびIS-QZSS-ANPI開示に関する制約に同意いただける場合に限り、端末の仕様を規定した下記IS-QZSS-ANPIを開示いたします。

下記、開示要領をダウンロードの上、ご検討いただき、開示要領 別紙1 開示申請書によりIS-QZSS-ANPIの開示をご申請ください。

併せて、衛星安否確認サービスを用いたビジネス等を検討するにあたり、衛星安否確認サービス端末に関する事前検討を行うために、端末に係る技術情報を開示します。技術情報をダウンロードの上、事前検討をお願いします。

<ダウンロード>

また、衛星安否確認サービスをより良く理解いただくために、下記の文書を公開いたします。IS-QZSS-ANPI開示申請に関する検討にご利用ください。

<ダウンロード>

衛星安否確認サービス端末の製作・販売ビジネス、および本サービスを用いたソリューションビジネス等を行う場合には、以下の確認書を締結する必要があります。(下記 確認書、付属書は、IS-QZSS-ANPIの開示を受けられた方が対象です。)

<ダウンロード>

準天頂衛星システム 衛星安否サービス端末の製造・販売等に関する確認書(準備中)
準天頂衛星システム 衛星安否サービス端末の製造・販売等に関する確認書付属書(準備中)

 以上