コンテンツです

衛星安否確認サービス(Q-ANPI)

Q-ANPIは日本国領土、およびその周辺海域(およそ図中に示す破線で囲んだ領域内)で利用可能です。

図1 衛星安否確認サービス(Q-ANPI)のサービス範囲

Q-ANPIは静止軌道衛星1機によりサービスされます。サービスが利用可能な確率は「0.97以上」です。

信号構造

リンク名 変調方式 多重化方式 符号形式
RTNリンク BPSK CDMA/TDMA/FDMA NRZ-L

拡散コード特性

リンク名 チップレート コード長 コード周期
RTNリンク
(プリアンブル部)
204.8kcps 10240chip 50ms
RTNリンク
(データ部)
204.8kcps 1600chips 7.8125ms

メッセージ特性

リンク名 ビットレート シンボルレート 周期
(最小フレーム)
符号化方式
RTNリンク 64bps 128sps 1.6s
(ガードタイム
0.0375sを含む)
CRC
畳み込み符号

周波数

RTNリンクの周波数帯、中心周波数公称値、サービスの使用周波数帯幅、1波あたりの占有周波数帯幅を以下に示す。

周波数帯 中心周波数公称値 サービス
使用周波数帯幅
占有周波数帯幅
(1波あたり)
S帯 2002.50MHz 5MHz 288kHz

RTNリンク周波数偏差

許容周波数偏差 短期許容周波数偏差
0.51ppm 0.0051ppm/s

シンボルレート、チップレート精度

シンボルレート精度 チップレート精度
±4ppm以内 ±4ppm以内

EIRP

EIRP
2dBW以下 かつ
使用時の仰角30°~60°の範囲において-2dBW以上

偏波特性

端末送信アンテナの偏波特性を以下に示す。

偏波特性
偏波 右旋円偏波
軸比 3dB以下(使用時の仰角30°~60°の範囲において)

 

信号構造

リンク名 変調方式 多重化方式 符号形式
FWDリンク BPSK/SS N/A NRZ-L

拡散コード特性

リンク名 チップレート コード長 コード周期
FWDリンク 3.55212Mcps 396chip 111.483us

メッセージ特性

リンク名 ビットレート シンボルレート 周期
(最小フレーム)
符号化方式
FWDリンク 4.460kbps 8.970ksps 800ms CRC
ランダマイズ
ターボ符号
インタリーブ
RS符号

周波数

FWDリンクの周波数帯、中心周波数公称値、及び占有周波数帯幅を以下に示す。

周波数帯 中心周波数公称値 占有周波数帯幅
S帯 2192.50MHz 5MHz

キャリア周波数変動範囲

キャリア周波数変動範囲
±8kHz 以内

受信感度

FWDリンクのアンテナ入射端における受信感度を以下に示す。

受信感度
-122.6 dBW/m2 以下

偏波特性

端末受信アンテナの偏波特性を以下に示す。

偏波特性
偏波 右旋円偏波
軸比 3dB以下(使用時の仰角30°~60°の範囲において)
以上