コンテンツです

船舶・飛行機

高精度測位が船舶・航空機の運航を支援

航空・船舶航行における位置情報の把握

陸上では、道路や建物によって位置を把握することができますが、船舶や航空機では、何らかの手段で位置情報を把握する必要があります。現在では、測位衛星を使った航法サービスによる位置情報の取得が主流となり、今やなくてはならないものになりました。さらに、安全で正確な航行を支えるために、船舶や航空機向けに測位精度を向上させる補強情報を利用している場合もあります。

船舶の安全な航行を支援

洋上には目印が少ないため、船舶にとってはGPSなどの衛星測位が重要な航法手段となっています。特に、陸地に近い場所は船舶の往来も多く、浅瀬を避けるような正確な航行が必要となるため、準天頂衛星システム「みちびき」を使った高精度測位が安全な船舶航行をもたらします。遠洋では津波や台風の災害情報が入手可能となる上、日本近海では遭難時の救助要請も可能となります。

航空機の安全な航行を支援

航空機の航行においても、GPSなどの衛星測位は活用されています。準天頂衛星システム「みちびき」は、SBAS配信サービスを行うことによって、航空機の安全な航行を支えていきます。