コンテンツです

鉄道

高精度な測位が、安全で効率的な列車運行を支援

安全で効率的な列車走行制御の実現

鉄道事故は絶対に避けるべきであることから、列車の運行制御には高い安全性が要求されます。現在は、地上に設置した装置の上を列車が通過することによって列車位置の把握を行っており、地上装置の保守を行うための労力が大きくなっています。

準天頂衛星システム「みちびき」を利用した高精度測位を活用することにより、列車の走行位置を正確に把握することができるため、地上設備のコンパクト化が実現し、安全性を保ちつつ保守管理をコストダウンすることが期待できます。

保線作業の効率化

高精度測位を保線作業に使う事例として線路の上を走る新幹線を使ったイメージ画像

線路保守のために検査車両を走行させる場合、異常を発見した場合の位置把握が重要です。準天頂衛星システム「みちびき」の高精度測位により、異常箇所の抽出が効率化されます。

通常の保守業務や災害後の早期復旧のため、地上を歩いて線路の点検を行う場合、不具合箇所の伝達が重要になります。準天頂衛星システム「みちびき」の高精度測位によって作業者を適切に現場に配置することができるようになり、点検・復旧作業が迅速かつ正確に行うことができるようになります。

運転操作支援の高度化により安全性も向上

線路には、急カーブや分岐ポイントなど、速度制限がある場所が存在します。準天頂衛星システム「みちびき」の高精度測位によって列車の走行位置が正確に特定できるため、こうした区間の手前で、運転士への適正速度等の通告や自動減速が可能となり、安全性を高めることができます。

衛星測位を鉄道に利用するケースとして保線作業の位置確認や急カーブでの速度制限通知などを挙げたイラスト図