コンテンツです

構造計画研究所「GPS-Studio」(衛星測位分析ツール)

2016年08月28日
構造計画研究所「GPS-Studio」

「位置測位シミュレーション」の画面イメージ

・製品名:GPS-Studio
・メーカー:株式会社構造計画研究所
・対応信号:L1C/A
・発売年月:2016年2月
・製品概要:衛星環境・ビルなどの測位環境を模擬し、理論上の測位計算を行うことで測位精度を推定・可視化するソフトウェアです。内部で使用している「レイトレーシング法」は、CG画像をより本物らしく見せるために使われる技術を応用し、複雑に建物が密集する都市部で衛星信号の電波がどう伝わるかを模擬します。これと、建物の高さ情報まで盛り込まれたデジタル地図、及び衛星の軌道パラメータを使用して、任意の日時・場所でマルチパス(=電波が複数の経路で伝わること。測位精度劣化の要因)がどのように生じるかのシミュレーションができます。さらに電子密度の変化によって変動する「電離層遅延」、水蒸気や気圧の変化でもたらされる「対流圏遅延」などの影響を加味し、より現実の環境に近づけたシミュレーションを行えます。同社のGNSSシミュレータ「SDR-SAT」と組み合わせれば、手持ちの受信機で、みちびき2-4号機といった運用前の測位衛星を加えた解析や、外国での解析も可能となります。

・メーカーサイト:

画像提供:株式会社構造計画研究所