コンテンツです

古野電気「GF-8705」(マルチGNSS基準周波数発生器)

2016年09月11日
古野電気「GF-8705」

・製品名:GF-8705
・メーカー:古野電気株式会社
・対応信号:L1C/A
・製品概要:OCXO(高精度な水晶発振器)を搭載した高感度のマルチGNSS基準周波数発生器で、GNSS測位で求めた正確な時刻から、UTCに同期したタイムパルス(1PPS)と、1PPSにコヒーレントな(=隣りあうタイムパルス間の波数が一定)基準周波数を出力します。また、GNSS信号が途切れて測位ができない(=ホールドオーバ)状態でも高精度なタイムパルスや基準周波数の出力を維持できます。低位相雑音かつ、GF-87シリーズ(GF-8701~05)の中でタイミング精度がもっとも高い製品で、ホールドオーバ状態でも1.5μs/24時間という業界最高クラスのタイムパルス性能を誇ります。GPS、GLONASS、SBASの同時受信に対応するほか、みちびきにも対応します。1衛星だけの追尾でタイムパルスと基準周波数を出力する「位置固定モード」と、車両などで使用可能な「移動体モード」の2つの測位モードを選択できます。また、アンテナ接続の確認やアンテナ給電、電源の瞬断復帰などの機能も搭載しています。さらに、GNSS以外の外部機器から入力したタイムパルスへの同期が可能なほか、基準周波数とは別に任意の周波数を設定して出力することもできます。無線通信、ネットワーク通信、放送などのグランドマスタークロックに適しているほか、原子発振器の置き換え用にも適しています。

・メーカーサイト:

画像提供:古野電気株式会社