コンテンツです

東芝 「EVバス運行システム」

2015年02月02日
東芝 「EVバス運行システム」

・EVバス運行システム(株式会社 東芝)
・対応サービス:衛星測位サービス(L1C/A)

同社府中事業所内で2014年9月より、みちびきに対応したEVバスの運行を開始しています。EVバスは同社製の車載用高性能二次電池「SCiB」を搭載。みちびきの電波を受信する同社製カスタムLSIを採用した受信モジュール(日本無線株式会社製「CCA-705JZ」)を備え、将来的には数センチオーダーの精度の測位を期待できるシステムとなっています。バスの時々刻々の位置や、電力使用状況、CO2削減状況などの情報はバス内の情報サーバーに集約され、車内のほか受付のパソコンや大型ディスプレイで確認することができます。

画像提供 TOSHIBA CORPORATION