コンテンツです

コア「多周波RFデータストリーマ」

2015年10月11日
「多周波RFデータストリーマ」の商品画像

・「多周波RFデータストリーマ」(株式会社コア)
・対応サービス:衛星測位サービス(L1, L2, L5, L6)

最大6周波の衛星信号を受信し、A/D(アナログ/デジタル)変換して記録用PCなどに渡す装置で、生録(ナマロク:戸外での高音質録音)でいえば、マイクミキサー兼マイクアンプに相当するものです。出力はUSB 3.0で、転送速度は最大150MB/秒(理論値)。海外の測位衛星の周波数(B1, B2, B3など)にもRF(無線周波数、radio frequency)モジュール(=上右側の画像)を載せ替えることで対応が可能。記録したデータはソフトウェア受信機などで検証することができ、製品開発や検証、機器実装に役立てることができます。

画像提供:株式会社コア