コンテンツです

コア「CTX641」(アルゴス送信機)

2015年11月01日
アルゴス送信機CTX641
  • 製品名:CTX641(GPSモジュール搭載 小型アルゴス送信基板 CTX641-010A)
  • メーカー:株式会社コア
  • 対応信号:L1C/A(衛星測位サービス)
  • 発売年月:2013年4月
  • 製品概要:野生生物の追跡調査や環境調査等の研究目的で使われる全地球環境観測システム(アルゴスシステム)対応の送信機です。みちびきとGPSによる測位データを他のセンサデータとともに、最大500mWの送信出力・400bpsの伝送速度でアルゴス衛星に向け送信。データは処理センターを経由してユーザーに届けられます。低消費電力設計のため、太陽電池でキャパシタに充電された電力で、長期間動作させることができます。基板サイズは45mm×16mm×4mm、重量2.4g。鳥類や魚類、陸上野生生物や海棲哺乳類、あるいは海流調査ブイなど、用途に応じたパッケージに対応しています。この製品は、環境省の予算により国立環境研究所との共同研究で開発されました。

画像提供:株式会社コア