コンテンツです

GPS近代化

GPS衛星には寿命による機能停止や故障の発生があるため、代わりとなるGPS衛星が計画的に打ち上げられています。また、新たに打ち上げられる際には、測位性能の向上を目的とした新型のGPS衛星に入れ替わります。

現在打ち上げが行われている衛星は、L5信号を配信している第2世代ブロックIIのFシリーズです。新型に比べ測位精度の低い第2世代初期「ブロックIIA」が現在8機運用されていますが、順次新型の衛星に置き換えられます。現時点で0.8mといわれているGPSに責任がある誤差が2018年までには0.4mにまで改善され、測位環境が大幅に向上します。

  L1C/A L1C L2C L5 誤差 2014年 2018年 2020年
一周波 II A  ─  ─   1~2m 8機  
II R       0.5m 12機 10機 6機
二周波
以上
II RM     0.5m 7機 7機 7機
II F   0.3m 5機 12機 12機
III 0.3m   2機 6機
  計32機 計31機 計31機
※1年間に2機打ち上げることを仮定しています。
※「誤差」とは、衛星自身が送信する衛星位置の誤差のこと。