コンテンツです

都市部でのQZ1測位モード比較:1. 試験概要

2015年06月11日

1. 試験概要

<目的>
都市部における、マルチパスの影響を5種類の測位モードで比較し、準天頂衛星の有効性を評価する。

<試験内容>
QZ1を、次の5種類の測位モードに設定し、同じ場所、時間で全モードの測位を実施した。
・測位モード:(1)GPSのみ、(2)GPSとQZS(L1C/A)、(3)GPSとQZSのL1-SAIF補強、(4)GPSのL1-SAIF補強、(5)GPSとGLONASS
・場所:JR新橋駅周辺(東京・港区)
・日時:2015年2月27日 9時35分~9時55分

<実証方法>
各測位モードに設定したQZ1、5台をプラスチックケースに入れ手で持ち、試験コースを赤矢印←の方向に歩行で移動。その時のNMEAデータ*を取得。
*米国海洋電子機器協会(=National Marine Electronics Association)が定めた規格で、受信機とナビゲーション機器の通信に使用されるプロトコル

「5台のQZ1を入れたプラスチックケース」の画像

QZ1を入れたプラスチックケース

試験コースの空撮画像

試験コース

<次のページへ>