コンテンツです

みちびきキッズ:アニメ制作に挑戦しよう!

2016年09月19日

2016年9月19日(月・祝)、東京都江東区にある日本科学未来館で、ボクたちみちびき4兄弟のお話を聞いて、準天頂衛星みちびきのスゴいところや、自分がみちびきでやってみたいことなどを考え、アニメづくりにチャレンジするイベントが開催されたよ。

イベントの始まりは、内閣府 守山さんのご挨拶。みちびきについて知らなかったという人も、グッと興味が湧いたところで、CANVASの先生や、みちびきに詳しいNEC荒井さんにバトンタッチ。さまざまな人工衛星やみちびきが得意なことなどを教えてもらったよ。配られたシートを見ると、ボクたち、みちびきのことをいっぱいメモしてくれたお友だちがたくさん!

みちびきについて知ったところで、いよいよアニメづくり!
子どもと大人がペアとなって、思い描いたストーリーに沿って、粘土で作ったキャラクターを、パソコンにつないだカメラで1コマずつ撮影して、パラパラ漫画のように連続してアニメーションにするというもの。できるかな?

みんなのテーブルには、ボクたち、みちびきやロケットから、お星さまや宇宙人?!まで、とってもたくさんのキャラクターがどんどんでき上がっていったよ!
なかには、文字も粘土で作っているお友だちも。

針金で釣ったキャラクターをカメラにアップで写したり、ロケットエンジンの煙を綿を使って表現したり、…。みんな、すごいアイデアで工夫をこらしながら、バシバシ写真を撮っていたよ!

たくさんの撮りためた写真を見て、流れる音楽や、動きに合わせた効果音を入れたら完成!
最後に、みんなが作ったじまんのアニメを、映画館のように真っ暗にした会場で上映しました。ボクたち、みちびきが打ち上げられて宇宙からみんなを見守るお話のほか、宇宙の誕生や、ボクたち、みちびきと宇宙人がお友だちになるという楽しいお話も飛びだしたよ!

☆「みんなのみちびき」アニメ作品

01)みちびきキッズ:ことさんチームの作品

— 作品のみどころ —
みちびきが“測位衛星”であることをしっかりおさえた作品。未来の農業がより豊かになるかも!? みちびきがことさんとおそろいのメガネをかけている点も注目!

02)みちびきキッズ:マヌエルさんチームの作品

— 作品のみどころ —
アニメーションづくり経験者ならではの大人もびっくりな高い技術は見どころ。みちびきの打ち上げ時期に着眼し、すでに打ち上げられている初号機と来年打ち上げ予定の衛星との出会いを描きます。

03)みちびきキッズ:えまさんチームの作品

— 作品のみどころ —
みちびきが宇宙人と友だちになるお話。画面全体で魅せる美しい物語。思わず吸い込まれるような鮮やかさは、準備された色粘土を混ぜ合わせて生まれました。

04)みちびきキッズ:ようたさんチームの作品

— 作品のみどころ —
効果音でぐっと引き込まれる作品。ようたさんの宇宙のイメージが自由に表現されています。クライマックスで日本がクローズアップされるシーンでは、アニメーションを見ている人がまるで衛星になったかのような視点に驚かされます。

05)みちびきキッズ:さゆりさんチームの作品

— 作品のみどころ —
よ~く見ると個性豊かな地球外生命体であふれる不思議な世界観。ひとつひとつのキャラクターをじっくり味わいたくなる作品です。自分の名前をあそび心で表現している点も見逃せません。

06)みちびきキッズ:るかさんチームの作品

— 作品のみどころ —
照明の反射を気にしながらていねいに作り上げました。みちびきが宇宙に飛び出した際の遠近感をよく表現しています。るかさん自ら自分の作品に入れるツッコミにユーモアも感じます。

07)みちびきキッズ:天馬さんチームの作品

— 作品のみどころ —
ミステリアスであやしげなBGMと、生命の誕生からはじまるストーリーに心奪われます。天馬さんが持ってきたあるおもちゃが特別出演する作品です。

08)みちびきキッズ:はなさんチームの作品

— 作品のみどころ —
みちびきの顔の表情をコマドリでていねいに変えています。短いアニメーションの中で流れ星を登場させることで、一瞬の緊張感とドキドキを表現しています。

09)みちびきキッズ:りこさんチームの作品

— 作品のみどころ —
初号機から順に宇宙に打ち上げられていく様子をていねいに描いた作品。打ち上げられた瞬間に出る煙と勢いのある効果音が映像に迫力を与えています。

10)みちびきキッズ:ゆうかさんチームの作品

— 作品のみどころ —
キャンディのようなかわいらしい衛星が宇宙を舞います。針金を使って独自の手法で遠近感を表現しました。背景のために準備してあった大きな月を切り抜いて使用しているのも工夫のひとつです。

11)みちびきキッズ:ななっちさんチームの作品

— 作品のみどころ —
コマドリならではの表現を駆使し、しっかりとプランニングされた物語性をもって作品を作り上げました。迷子になった主人公が助かる・・と思ったら!? 意外性のある、そして心がほっこりとする作品です。

12)みちびきキッズ:ひろみちさんの作品

— 作品のみどころ —
みちびきが宇宙に羽ばたくその瞬間を忠実に表現。「軌道投入成功!」の吹き出しに、たたみかけるように鳴り響く効果音は、関係者ならではの喜びを最大限に表現しています。

以上